暮らし365+

暮らし365+

日々の暮らしの中に少しだけ「プラス」を取り入れて、便利に過ごしやすい毎日に。

階段に窓を設ければ良かった。充電式壁付け照明で、見た目もお洒落に明るさ確保。

おはようございます。 

暮らし365+りんご(@ringox365)です。

f:id:kurashi365plus:20170327150805p:plain

家づくりって3回しないと満足のいくものはできない…とはよく言ったものです。 

本当、その通りかも! 

99%、私の主導で行われた家づくり。笑 

でも…後悔ポイントはいくつかあります。 

階段に窓を設ければ良かった。

階段を上がった先には、北側の廊下に大きめな窓がありますが、階段の途中に窓がないので、結構暗いんです。 

とはいえ、フルタイムで働く私には日中はそこまで気になりません。 

気になる時間は、夜と朝(夜明け前)、なんですよね。 

私は夫の出勤時間の関係で、5時頃に起きる日もあります。 

冬なんて、外は真っ暗。 

わが家の西側(窓を設ければ良かったと思う壁面側)には、LEDの外灯があって、夜でも結構な明るさなんです。 

なので、西側に窓があれば外灯の明かりが室内に入ってきます。 

もしくはフットライトを階段の中央に設ければ良かった。 

階段を上がってすぐの窓の下には、明暗センサー付きのフットライトを付けました。 

これは、大正解。 

夜中、子どもたちがトイレに行くのも怖くありません。

今から窓は付けられない。階段途中にライトを付けて、明るさ確保。

f:id:kurashi365plus:20170328061511j:plain 今から窓やフットライトを付けるなんて…ちょっと、非現実的。 

手すりに引っかけるタイプの人感センサーライトを設置してみて1年半…。 

明るいけど、明るいけど…見た目が、ちょっと残念。 

置くタイプだと掃除の時に面倒なので、壁に取り付けるタイプを探しました。  

USBで充電(充電電池が入っています)できて、いざという時には懐中電灯代わりにも。 

1回の充電で1ヶ月持ちます。 

明暗センサー付きで、夜はずっと付いていますが、明るすぎず、そっと足元を照らしてくれます。 

建具とフローリングがリクシルのクリエペール(明るい木目)なので、木材も統一感があります。 

ポスターとか飾ればおしゃれなのかもしれませんが、掃除のしやすさ第一なので、壁にはこの照明だけです。 

おわりに

住んでみないと分からないこと、たくさんありますね。 

コンセントの位置や、収納の場所…決めることがたくさんある中、細かいことを妥協せず、しっかりと考えていくことが後々後悔しませんよ。 

我が家もしっかり考えたつもりでしたが、細かい点でも気になることは、暮らしていく中で出てきています…。

スポンサーリンク

Copyright © 2017 暮らし365+ All rights reserved.