記事をお探しの方[カテゴリー一覧]

【楽天証券】NISAからつみたてNISAへ変更!

楽天証券のつみたてNISA

株主優待を始めてみようと、楽天証券を開設した2017年。

『出遅れた感があったかな』とも思いましたが、あの時に買った株は今ではそれぞれ約30%増となっています。

優待目的なので解約予定は今のところありませんが、配当金がもらえたり、優待商品が届いたり…と楽しんでやっています。

次なる投資は【ポイント投資】と【投資信託】です。

楽天ゴールドカードを作ったヘビーユーザーなのですが、楽天のポイントアップ制度(SPU)には[カードでの支払い]という条件があるので、ポイントで支払うより、カード支払いの方がポイントが貯まりやすいのです。

期間限定ポイントは使い道が限られるので、買い物や楽天モバイルに使いますが、通常ポイントは【投資】にまわしていくことにしました。

ポイント投資と同時に、積立投資信託も始めることにしました。

年間の投資金額と投資先(株から信託)を考え、NISAからつみたてNISAへ変更したので、その手順をご紹介します。

NISAとつみたてNISAの違い

簡単な比較表がこちら。

NISA つみたてNISA
年間投資可能額 120万円 40万円
主な投資先 投資信託
非課税期間 5年(最大10年) 20年

投資額や非課税期間が違うだけでなく、投資できる商品が大きく違います。

株式を非課税で売買したい場合は【NISA】一択です。

スポンサーリンク

NISAで運用していた株はどうなる?

新規でつみたてNISAを始めず、いくつかNISA口座で株を運用していた場合、株を売却する必要はありません。

元々NISAには5年間の非課税枠があるので、つみたてNISAへ替えても、その間は配当金や売却益は課税されません。

私の場合、株主優待目的で長期保持する株なので、売却予定はなく、配当金もNISAの非課税期間が切れると課税されるので状況は変わりません。

どうしてもNISAで株を購入したくなったら、夫名義で購入予定としています。

2017年にNISAで購入した株なので、2021年までは配当金も非課税のままです。

2022年から税金はかかってきますが、確定申告が不要の特定口座に自動移行されるかどうか…は、現在のところ未定だそうです。

と、いうのもつみたてNISAに途中で変更した場合、2019年からはじまるロールオーバー制度(NISAの非課税をもう5年間延長できる制度)が適用されません。

NISAは2014年に始まったので、今の時点で[特定口座]へ自動で替えるのか、何か手続きをするのか…ということが証券会社でまだ決まっていないのです。

2017年秋には決定すると電話で確認しましたので、HPで情報を収集します。

【つみたてNISA】ポイント投資はいつから?

2018年春か開始される予定だった、つみたてNISAでの【ポイント投資】ですが、夏以降にずれています。

参考 つみたてNISAでポイント利用は可能ですか?|よくある質問楽天証券

現在は1回の買付けに対して、ポイントが使用できます。

つみたてNISAで購入しないので、税金がかかってきます。

ですが、もともとはポイントなので、気楽に始められます。

スポンサーリンク

NISAからつみたてNISAへの変更方法

楽天証券で、NISAからつみたてNISAに変更した手順です。

  • STEP.1
    TOPページ[NISA口座の開設]
     楽天証券のつみたてNISA
  • STEP.2
    口座の種類を変更申込み (NISA口座 ⇔ つみたてNISA口座)
     楽天証券のつみたてNISA
  • STEP.3
    資料・申込書を請求する
     楽天証券のつみたてNISA
  • STEP.4
    2018/06/06 変更手続きを行う
     楽天証券のつみたてNISA
  • STEP.5
    2018/06/12 資料到着
     楽天証券のつみたてNISA
  • STEP.6
    2018/06/13 資料ポスト投函
     
  • STEP.7
    2018/06/19 NISA口座区分変更の申込み受付
     
  • STEP.8
    2018/06/20 NISA口座区分変更手続き完了
     

とても簡単に変更できました。

注意点としては、一度NISAまたはつみたてNISA口座を使用すると、その年の変更はできません。

よく考えて変更しましょう。

おわりに

『自分の購入したい商品は何か』をまず考え、その後で、NISAかつみたてNISAどちらの口座がベストかを考えましょう。

まとめ
  • つみたてNISAで買えるのは投資信託
  • 株(株主優待)目的であれば、NISA一択
  • つみたてNISAのポイント投資は2018年・夏以降

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です